ヘリテージング
爽快、アプトの道ウォーキング 碓氷峠鉄道施設

碓氷峠の鉄道施設群といえば、鉄道ヘリテージング派の聖域ともいうべき名所だが、いまや最高のウォーキング・コースでもある。
信越本線横川−軽井沢間、標高差550m、この最短ルートを行くためには、当然、急勾配を克服しなければならない。明治26年、急峻なルートをよじ登る機関車の下部には歯車が備えられ、これと噛み合わせるラックという歯型レールが軌道中央に敷設された。噛み合うギアによって列車はスリップせずに前進する。これがアプトといわれる方式だ。
かつての軌道区間が、いま「アプトの道」という名の遊歩道として復活している。JR横川駅前をスタート地点に、通称めがね

橋(碓氷峠第三橋梁)で折り返す片道4.8キロの上り坂だ。
廃線跡とはい鉄路は足元にちゃんと残されている。全区間ではないが、歩きやすいよう枕木と砕石部分をアスファルトのようなもので固め、レールだけが頭をのぞかせている。
九州佐賀線の筑後川昇開橋も遊歩道として動態保存されているが、あちらは列車が走っていた名残に遊歩道にはレールと枕木がペンキで描かれている。
さてこちらは碓氷峠、ウォーキングには最適の登り勾配、遊歩道をゆっくり歩いて行くと、右手に明治44年築の丸山変電所が姿を現す。国の重要文化財として美しく修復されている。何に活用するのだろうか室

内はがらんとしてひと気がなかった。
開業当時、当然ながら、歯車を備え列車を牽引したのはアプト式の蒸気機関車だ。26ヶ所のトンネル、18ヶ所の橋梁。トンネル内では煙にまかれる運転士の窒息事故もあったという。アプト式の電気機関車が走るのは、横川に火力発電所が造られ、丸山変電所が建設されてからのことになる。
苔(こけ)むした5つのトンネルを抜けてめがね橋に到着。高さ31メートル長さ91メートル、4連アーチ橋の壮観は上にいてもわからない。ぜひ橋から降りて国道18号線から見上げてほしい。これが国内最大の総レンガ造りアーチ橋。国の重要文化財に指定されている。

ここで一服、明治のレンガ橋を眺めながら「峠の釜飯」など味わってはどうだろう。ちなみにこの横川名物は意外に新しく昭和32年生まれ。製造元の「おぎのや」は明治18年創業、日本最古の「駅弁おむすび」を販売していた。
戻りのウォーキングは下る一方だ。苦あれば楽あり、途中に温泉が待っている。その名も天然温泉「峠の湯」。和風と洋風の露天風呂、裏妙義のパノラマを眺めながら「ウォーキング・ヘリテージング」の汗を流すにはお誂え向きだ。

近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆所在地
群馬県碓氷郡松井田町

【お問い合せ】

(財)碓氷峠交流記念財団 「碓氷峠鉄道文化むら」
〒379-0301
群馬県安中市松井田町横川407-16
TEL:027-380-4163(代)
◆URL
http://www.usuitouge.com/bunkamura/
 

【アクセス】

 
◆電車
JR信越線「横川駅」