ヘリテージング
 甦ったニューレトロ 横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館
1号館は大正2年、2号館は明治44年の建築。昔はよくCMや映画の撮影に使われていた。昭和40年代に倉庫としての役割を終え、そのまま打ち捨てられた廃屋イメージがウリモノだった。平成14年に文化・商業施設として修復され、いまや「ニュー・レトロ」。コマーシャル撮影でも、廃屋とは180度違うおしゃれなイメージで扱われるようになった。
この倉庫を、あの「旧横浜正金銀行本店」を造った人物が設計したとは、ちょっと驚く。八角のドームもないし三角のペディメントもない。銀行と倉庫とでは建物の目的も違うし建てられる場所も違うのだから当然といえば当然だが。
それならば倉庫として眺めてみると、窓や
それならば倉庫として眺めてみると、窓や壁面に多用されているアーチやファサードの飾りなど、ロマネスク風のしゃれた雰囲気はやはりただの倉庫ではない。建築家・妻木頼黄の才能が遺憾なく発揮されている。
歴史的建造物の転用保存例として成功した観光名所のひとつになった。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
横浜赤レンガ倉庫2号館 11:00〜20:00
横浜赤レンガ倉庫1号館 9:00〜22:00

【お問い合せ】

横浜赤レンガ倉庫2号館
横浜赤レンガ倉庫1号館
横浜赤レンガ倉庫2号館
TEL:045−227−2002

横浜赤レンガ倉庫1号館
TEL:045−211−1515
◆URL
http://www.yokohama-akarenga.jp/
 

【アクセス】

 
◆電車
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分
みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分、「みなとみらい駅」より徒歩約12分
◆バス
観光スポット周遊バス“あかいくつ”で「赤レンガ倉庫」下車。
100円バスで「赤レンガ倉庫」下車(土曜・日曜・祝日のみ運行。ただし、春・夏・冬休みは、毎日運行)
◆船
シーバス横浜駅東口みなとみらいより「ピア赤レンガ」下船
◆車
首都高速みなとみらいランプ下車