ヘリテージング
アメリカン・ヴィクトリア様式の名建築 外交官の家
これは日本人外交官の家だ。日露戦争時代のニューヨーク総領事・内田定槌が渋谷の南平台に建てた邸宅。昭和47年に取り壊され、平成9年にこの地へ移築保存された。
設計者はJ・M・ガーディナー。聞いたことのある名前だと思うが、立教の校長で建築家。京都の「聖アグネス教会」や「長楽館」などを作った人物だ。
JR石川町駅からもトンガリ屋根がよく見える。19世紀のイギリスからアメリカに渡って磨きがかかったアメリカン・ビクトリアンといわれる建築様式。
1階玄関ホールや食堂の天井がすばらしい。木と漆喰の醸し出す簡素で重厚な味わい、そこにアールヌーボー風のステ
ンドグラスが配されていたりする。隙のない一級のインテリアだ。国指定重要文化財。ブラフ18番館とは庭続きなので対照的なふたつの西洋館を見比べるのも楽しい。無料公開。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆休館日
第4水曜日(祝日は開館し翌日休)年末年始

【お問い合せ】

外交官の家
横浜市中区山手町16
TEL:045-662-8819
◆URL
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/youkan.html
 

【アクセス】

 
◆電車
JR「石川町」』徒歩5分
◆バス
市営バス11系統「イタリア山庭園前」2分