ヘリテージング
明治の若きエリートたちの学び舎 石川近代文学館(旧第四高等学校本館)
国のエリート養成のため、明治政府は日本各地に8つのナンバースクールを創設する。第一高等学校が現在の東大、第二高等学校が東北大、第三高等学校が京大、そして第四高等学校が金沢大学である。五高が熊本、六高が岡山、七高が鹿児島、八高が名古屋と続く。
香林坊(こうりんぼう)のスクランブル交差点から広坂(ひろさか)通りを徒歩2、3分。中央公園の木々の緑と対照的なレンガ色の建物が旧制第四高等学校の本館だ。明治24年築の木造レンガ二階建て。
現在は石川近代文学館として、金沢ゆかりの文学者・泉鏡花(いずみきょうか)、徳田秋声(とくだしゅうせい)、室生犀星(むろうさいせい)を中心に70人以上の近代文学
作家に関する、著書、原稿、遺品、愛蔵品などを展示している。
知性をバンカラで覆い隠した当時のシャイな学生気質(かたぎ)には、二階の四高関係記念室でお目にかかれる。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
9:00〜17:00(入館は16:30まで)
◆休館日
年末年始(12月26日から1月5日)
◆入館料
一般:400円/小中学生:100円/小学生:無料

【お問い合せ】

石川近代文学館
〒920-0962
石川県金沢市広坂2丁目2番5号
TEL:076-262-5464
◆URL
http://kinbun.com/
 

【アクセス】

 
◆電車・バス
JR「金沢駅」から北陸鉄道バスに乗車、香林坊下車 徒歩2分
◆車
JR「金沢駅」から車で10分
北陸自動車道金沢西インターチェンジから約30分(普通乗用車駐車可)