ヘリテージング
異説・隅田川十橋 東京ブリッジ・ヘリテージング

白髭橋

言問橋

吾妻橋

駒形橋

厩橋

蔵前橋

両国橋

清洲橋

永代橋

勝鬨橋
江戸の水上輸送を一手に引き受けていたのが大川(隅田川)。そのむかし吾妻橋(あづまばし)より下流を大川、浅草付近は浅草川と呼んだ。従って、鬼平犯科帳には隅田川の名は出てこない。
東京ヘリテージングをするなら、江戸情緒あふれる隅田川十橋をウォーキングで巡る「橋ヘリテージング」をお勧めしたい。
一般に「隅田川十橋」といわれる橋梁(きょうりょう)群と、「隅田川ヘリテージング十橋」とでは、どうしても2つの橋が合わない。なぜかというと、明治・大正・昭和戦前の近代遺産にこだわるヘリテージングでは、昭和51年に完成した「新大橋」と、平成11年に完成した「相生橋」は対象外なのだ。代わりに最上流の「白髭橋(しらひ
げばし)」と最河口の「勝鬨橋(かちどきばし)」を加えて、「隅田川ヘリテージング十橋」としたい。姿のいい橋はそれ自体鑑賞に耐えうるしそこからの眺望も悪くない。ヘリテージングのうち「橋部門」を愛する人はかなり多いのではないだろうか。

白髭橋(しらひげばし)(昭和6年)
墨田区寺島一帯の鎮守さま、白髭神社に因んだ名前。昭和初期の橋はほとんど関東大震災による損壊を受けた橋だ。木製だった昔は民間の有料橋だった。

言問橋(ことといばし)(昭和3年)
何しおはば いざ言問はむ都鳥 という在原(ありわらの)業平(なりひら)の歌に因(ちな)む名前。東京大空襲の際にこの橋上
に避難した人が多数犠牲になった。橋の袂(たもと)には慰霊碑が建つ。

吾妻橋(あづまばし)(昭和6年)
水上バスの発着所。アサヒビール本社の黄金のモニュメントがあまりにも存在感があり、橋の印象を薄めているかもしれない。

駒形橋(こまがたばし)(昭和2年)
明るいブルーに塗られたアーチ部分と白い石のコントラストが美しい。ここは隅田川がまっすぐに流れているところ。下流に向けての夕景ファンが多い。
厩橋(うまやばし)(昭和4年)
車からでは絶対に確認できないが、親柱の上に走る馬をモチーフとしたステンドグラスが嵌め込まれている。米蔵が多い一帯で米輸送のための厩が並んでいた。

蔵前橋(くらまえばし)(昭和2年)
橋は黄色に塗られている。高欄も屋形船や相撲にちなむもので装飾されている。東京都慰霊堂があり、震災と空襲20万人の犠牲者を合祀(ごうし)している。

両国橋(りょうごくばし)(昭和7年)
薄緑色の橋桁(はしげた)に赤い円形のバ
ルコニーが後から取り付けられた。これは土俵を形どり、高欄の柱などにも軍配の装飾を施すなど相撲ムードいっぱい。

清洲橋(きよすばし)(昭和3年)
両岸の「中洲町」と「清澄町」を一字ずつ取って付けた名前。ライン河のケルン吊橋をモデルにしている。優美な曲線を多用した隅田一の美橋といわれる。

永代橋(えいたいばし)(大正5年)
隅田川ウォーターフロントのシンボル的な橋。夜間はブルーのライトアップで橋上を歩く恋人も犬もブルーに染まる。たいへんロマンチックな橋だ。
勝鬨橋(かちどきばし)(昭和15年)
紀元2600年に戦勝を祈願してこの名がつけられた。なんといっても左右が「ハ」の字に上がる可動橋で有名。日大の伊東孝教授が中心となって、開かずの橋を上げる「勝鬨橋をあげる会」が活動している。ぜひみんなで応援をしたい。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【お問い合せ】

東京都観光汽船

◆URL
http://www.suijobus.co.jp/

【アクセス】

 
◆水上バス「隅田川ライン」乗り場
東京メトロ銀座線「浅草駅」5番出口から徒歩1分
JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」南口から徒歩8分