ヘリテージング
重文の中で弁当を食べて観劇する 小坂鉱山
平成16年8月1日、「あきたヘリテージング紀行」という特集記事が、秋田さきがけ新聞の紙面を飾った。秋田近代化の歴史を、県内のヘリテージング名所に語らせようという、創刊130周年を迎えた新聞社の記念編集だ。こうしたメディアの試みは、九州の佐賀新聞、西日本(福岡)、南日本(鹿児島)、熊本日日(熊本)、北國(石川)、北日本(富山)、信濃毎日(長野)、河北新報(宮城)など、ヘリテージング資源の豊かな地域で始まっている。
秋田県内31ヶ所の近代化遺産リストで、そのトップに挙げられているのが小坂鉱山だ。小坂町の明治百年通りに並ぶ「康楽館(こうらくかん)」と「事務所」は、正面から写真を撮りたくなる建物のベストテン
に入る。
小坂の「康楽館」。鉱山ヘリテージングに関心ある人はきっと知っている名前。明治43年に鉱山会社が造った日本最古の木造芝居小屋だ。いまも日に3回の芝居興行が行われている。壮麗な擬洋風(ぎようふう)の外観と、内部の純和風芝居小屋のギャップは感動的でさえある。国の重要文化財の中で、弁当をパクつきながら(弁当は予約制)伊東元春一座演じる痛快時代劇を眺めるというのも、ここでしか味わえない貴重な楽しみだ。
小坂鉱山のもうひとつの重要文化財は「小坂鉱山事務所」。観光施設として移築デビューを飾るのは康楽館よりずっと後のことである。というのも、明治38年に建
設されてから、平成9年まで現役の事務所として働いていたのだ。
「事務所」といっても、マンションの一室にあるタレント事務所とはわけが違う。かつて鉱産額日本一を誇った大鉱山の本丸。バルコニーつきの堂々たるポーチを備えたルネサンス風3階建て、眩(まぶ)しいばかりのオフィスビルだ。正面から見ると52の窓が並ぶ。電気が珍しかった時代、この窓のすべてに明かりが灯る光景を見たくて、近郷(きんごう)近在(きんざい)から大勢の見物人が集まったそうだ。明治のオフィスビルは、いまライトアップによって再び平成の見物客を集めている。
 
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
9:00〜17:00
◆休館日
年末年始(12月27日〜1月3日)
12月から2月までの月曜日(休日の場合翌日)及び休日の翌日
◆入館料
一般・高校生 300円/小・中学生 150円

【お問い合せ】

  小坂鉱山
    小坂町役場産業課観光商工班(小坂鉱山事務所内)
〒017-0202 秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48-2
TEL:0186-29-5522 内線310
◆秋田県小坂町役場
http://www.town.kosaka.akita.jp/
 

【アクセス】

 
◆車
東北自動車道小坂インターチェンジ