ヘリテージング
国が造ったビール工場 サッポロファクトリーレンガ館(旧サッポロビール第1工場)

明治9年、この地に開拓使麦酒醸造所が造られた。ビールの国策工場だ。その後、農商務省の所管になり、明治20年に渋沢栄一らによって民間の札幌麦酒会社が設立される。明治25年にはレンガ造りの新醸造所が建設され、これがサッポロビール第1工場となる。平成5年にサッポロファクトリーレンガ館として再生される建物群の原型工場だ。
北3条通りに面して並ぶレンガ建築群はいつ見ても壮観だ。巨大なビール樽が並んでいた45mのレンガ・トンネルは現在そっくりそのままビアホールになっている。
ビール工場時代のシンボルだった煙突をはじめ、貯蔵庫、機関室、ボイラー棟など、ビールを生産し続けてきたレンガ工場

の各施設が、いまビアホールとなり、レストランとなり、ファッション・ショップとなって、明治の息吹(いぶき)を感じさせてくれる。もちろん工場の各所には、輝かしい赤い星が掲げられている。

近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【お問い合せ】

サッポロファクトリー インフォメーションカウンター
TEL:011-207-5000
◆サッポロファクトリー
http://www.sapporo-factory.co.jp/

【アクセス】

 
◆電車
東西線「バスセンター前」駅下車、8番出口より約300メートル
JR「札幌」駅下車 徒歩約12分
◆バス
北海道中央バス ファクトリー線「サッポロファクトリー」停下車