ヘリテージング
函館一の派手な歴史建築 旧函館区公会堂

明治40年に大火に見舞われ、元町一帯の建物は焼失してしまった。この辺りに、その後の明治42、3年築の建築物が多いのはそういう理由による。
函館区公会堂は、大火で焼けた住民の集会所を立て直そうと、越後出身の豪商が寄付をして造られたものだ。明治43年の完成。
とにかく派手で目立つ。下見板張りの壁面はブルーグレーのペンキ塗装、それを黄色の縁取りで飾っている。木造二階建ての建物をエルメスかシャネルのスカーフで包んだ感じだ。昭和57年に修復工事が行われてこの塗装になったとのこと。その前は柱は白で壁はピンクだったという。建物は本館と付属棟からなり、付属棟と

は、大正天皇の行幸に際し増設された貴賓用の風呂と便所。本館は昭和49年、付属棟は昭和55年に国の重要文化財に指定された。

近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
9:00〜19:00(4月〜10月)
9:00〜17:00(11月〜3月)
◆休館日
年末年始(12月31日から1月3日)
※館内整理のため臨時休館(随時)することがあります。
◆観覧料
大人:300円/学生・生徒・児童:150円

【お問い合せ】

  旧函館区公会堂
    〒040-0054
函館市元町11-13
TEL:0138-22-1001
◆URL
http://www.zaidan-hakodate.com/
 

【アクセス】

 
◆電車
市電「末広町電停」より徒歩7分