ヘリテージング
海岸通りの好景気を偲ばせる商家 太刀川家住宅店舗

明治34年建築の商家。横に並ぶ洋館は大正4年の建築。1階が和風2階が洋風という、あの函館独特の和洋折衷店舗住宅とはちょっと違う。和は和、洋は洋、メリハリの効いた2軒の建物が連なっているのだ。
まず住宅店舗だが、レンガ造りの上を白漆喰(しっくい)で塗り固め土蔵風にしている。また左右に袖壁(そでかべ)を設けた造りは、完全に防火を意識したもので、これは、例えば富山の高岡市や川越のような大火を経験した蔵造りの町にも見られるものだ。国指定重要文化財。
残念ながら中は非公開で入れない。1階にある「じょうや」と呼ばれる帳場は、2階までの吹き抜けになっていて、2階に上が

る階段が洋風箱階段というもので、写真で見る限り、これは家具というより美術工芸品の部類に入る。
隣の洋館は4代目太刀川善一郎が応接専用に増築したもの。2階のベイウインドウとその形に合わせた玄関ポーチがしゃれていて、大正のリッチマンの趣味がしのばれる。

近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【アクセス】

 
◆電車
市電「大町」より徒歩3分
◆バス
「弥生坂」より徒歩5分