ヘリテージング
ノリタケ発祥の地 ノリタケの森(旧日本陶器合名会社製土工場)
森村市左衛門・豊兄弟が設立した日本陶器合名会社が、明治37年、この地に工場を建設し、白色磁器ディナー皿への挑戦を始める。工場は昭和50年まで稼動を続け、日本陶器は「ノリタケ・カンパニー」として、世界にその名を広めることになった。
創業百年を記念して、町の中の創始工場跡地を森にする事業が始まる。「ノリタケの森」、まだ森とはいえないが、緑地デザ
インにレンガ造りの古い建造物が美しく組み込まれ、この風景の中にいると十分にいやされる。さまざまな建物では、見学、鑑賞、体験、ショッピングとノリタケ・ワールドのすべてが楽しめる。お隣の「則武新町4丁目」にはトヨタの産業技術記念館がある。「モノづくりヘリテージング」には最高の一画だ。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆休館日
毎週月曜日(祝祭日の場合翌日)
年末年始・お盆休業

【お問い合せ】

ノリタケの森
〒451-8501
愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
TEL:0263-32-5725
◆URL
http://www.noritake.co.jp/mori/
 

【アクセス】

 
◆電車
JR、名鉄、近鉄「名古屋駅」より徒歩15分
地下鉄東山線「亀島駅」2番出口より徒歩5分
◆車
名古屋高速都心環状線「錦橋」出口後左折
◆バス
名古屋市バスターミナル、レモンホーム11番のりばから「ノリタケの森」下車すぐ