ヘリテージング
空高く威容を誇るビザンチン様式の巨大なドーム。鐘楼には6つの鐘があり、朝な夕なに鳴り渡る鐘の音は東京の風物詩ともなっている。あのジョサイア・コンドルが工事を担当し明治24年に完成。関東大震災でドームは焼け落ち著名なイコン画家山下リンの作品も焼失した。昭和6年に建築家・岡田信一郎の設計で現在の姿が復活した。 「霧雨のニコライ堂の屋根ばかり 懐かしきものは またとあらざり」出張で上京した宮沢賢治が詠んだもの。かつて東京見物といえば、東京駅、国会議事堂、二重橋、それにニコライ堂は欠かせない場所だった。さしずめ現代のお台場、汐留、六本木といったところだろう。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【お問い合せ】

日本ハリストス正教会教団事務局
東京千代田区神田駿河台4丁目1番地3
TEL:03-3291-1885

【アクセス】

 
◆電車
JR中央線、総武線「お茶の水駅」から徒歩5分