ヘリテージング
南山手のベスト観光スポット グラバー園
長崎に来る旅行者のだれもが訪れる場所。南山手の丘の上にあるため、足の弱い旅行者には行きづらい場所だったが、平成15年、斜面に沿って上下する斜行エレベーター「グラバー・スカイロード」ができたので、丘の下から「グラバー園」の入り口まで、楽々と行けるようになった。こういうのをバリアフリーという。もちろん無料だ。
昔は「グラバー邸」の名で知られたがいまは「グラバー園」という。これは昭和49年に、市内外から歴史的な建造物をこちらに移築し「グラバー園」となった。
斜面を生かした広い庭園には、いくつもの外人住宅が昔のままの姿で佇(たたず)んでいる。「旧グラバー住宅」「旧リンガー住宅」「旧オルト住宅」の3邸は国指定重
要文化財。園内には他に「旧スチイル記念学校」「旧ウォーカー住宅」「旧三菱第2ドックハウス」など貴重な歴史遺産が集められ、これはもう立派な野外博物館だ。
ところで、英国商人トーマス・グラバーの日本人妻ツルが、「蝶々夫人」のモデルだという話は有名で、園内にはオペラ歌手の三浦環(たまき)像やマリア・カラスの記念樹といったものが見受けられる。オペラ「マダム・バタフライ」は、夫のアメリカ海軍副官ピンカートンに裏切られて蝶々さんが自殺する悲劇だが、ツルさんは癌のため夫グラバーに看取られながら51歳の生涯を静かに閉じる。それが「ある晴れた日に」であったかどうだったかは不明。グラバーもまた21 歳から73年の生涯を日本で過ごした。
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
8:00〜18:00
◆休館日
年末年始(12月29日〜1月3日)
◆入園料
大人:600円/高校生:300円/小中学生:180円

【お問い合せ】

グラバー園
長崎県長崎市南山手町8-1
TEL:095-822-8223
◆URL
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/glover/
 

【アクセス】

 
◆バス
大浦天主堂下電停(バス停)から徒歩約5分
◆車
長崎駅から車で約10分