ヘリテージング
古都のヘリテージング新名所 金沢文芸館
浅野川大橋のすぐ近くにちょっと混み合う交差点がある。この橋場町交差点の角に旧石川銀行橋場支店があった。昭和初期に建てられた典型的な銀行建築、古ぼけてはいるが信号待ちのクルマから見ても気になる建物だった。それも道理、国登録の有形文化財だ。この古ぼけたビルが2005年11月に金沢文芸館として生まれ変わった。古ぼけた壁はすっかりレストアされ、まるで新築のようだ。
金沢では旧第四高等学校の建物を使った近代文学館が有名だが、またひとつ文学系の博物館が誕生したことになる。1階は昭和初期の銀行の雰囲気を残す「交流サロン」。2階は金沢を第二の故郷とする五木寛之氏の全著作530点を展示する
「金沢五木寛之文庫」。3階は金沢を拠点に活動する文芸関係者の書籍を収蔵する「文芸フロア」になっている。入館料100円(高校生以下無料)
近隣のヘリテージングスポット検索
Information

【案内】

 
◆開館時間
11:00〜18:00 (入館は17:30まで)
◆休館日
年末年始
火曜日
火曜日が祝祭日の場合はその翌日が休館となります。
◆観覧料
一般:100円/高校生以下:無

【お問い合せ】

金沢文芸館
石川県金沢市尾張町1-7-10
TEL:076-263-2444
◆URL
http://www2.spacelan.ne.jp/~bungeikan/
 

【アクセス】

 
◆電車
JR金沢駅から北陸鉄道バス・JRバスで「尾張町」または「橋場町」より徒歩3分
「城下町金沢周遊バス」金沢駅東口1番のりばから「橋場町」下車徒歩3分
「金沢ふらっとバス(此花ルート)」金沢駅東口11番のりばから「尾張町」下車徒歩3分